欠陥住宅に注意

マイホームの購入は一生のうちでも最も大きな買い物といってもよいでしょう。それだけに、マイホームの購入に際しては、立地条件や値段はもちろんですが、機能性やデザイン、省エネ化の設備など、さまざまな点を考慮して慎重に判断することになります。外観や内装、耐震・免震システムや太陽光発電などの最新の省エネ化の設備などに目が行きがちですが、ときどきテレビなどのマスコミで報道されるように欠陥住宅の問題があります。マイホームに欠陥住宅とならないように念入りに事前に注意する必要があります。どこに注意するのかというと、発注先の業者が信頼できる会社であるかなどです。今の時代インターネットを駆使すれば、その会社の評判などは簡単に知ることができますので、しっかりと自分で発注前に調べる必要があります。

また、設計の図面を見て最終的に建設を発注した後も、どこまで出来上がっているかを見に行くという口実のもとにときどき現地を訪れることもポイントです。目的は手抜き工事などが行われていないかなどをチェックすることですが、表向きは大工さんなど施行業者の労をねぎらうことです。飲み物や食べ物を差し入れして彼らのモチベーションを上げ、依頼主として自分との人間関係を作ることも欠陥住宅を作らせないためには重要なことなのです。






 保険のテーマは、自分のリスクをどう着地させるかという問題です。考えないといけない問題です。JA共済など、保険だけではありません。様々な共済種類があります。もちろんそれぞれの共済商品は保障内容も全く違うものです。様々な共済を選ぶのは大変です。-

保険についてのコミュニケーションをとることで間違いのない生命保険を失敗せず選択することが可能になります。生命保険の保険相談もあります。必要なのは保険ショップで保険相談。ちゃんと考えて保険のことを決めましょう。生命保険を自分で決めることは決して簡単なことではなく、よく考えないといけないことです。-