セルフビルド

マイホームの設計から基礎工事、木造の軸組みから屋根や外壁の設置、内装までを個人で行うことをセルフビルドといいます。セルフビルドでマイホームを建てる人は時間的に余裕がある人や、のんびりと自分のペースで家を完成させたいという人に多いようです。メリットとは、自分の思うままに作ることができることと、経費としては材料費だけです。もちろん、自分で家を建てるわけですから、労力と時間を差し出さなくてはならないのは言うまでもありません。また、素人である人間が行うわけですから、細かいところまで上手に施工できなかったり、完成までに時間がかかるというデメリットはあります。自分や家族・友人たちと達成感を味わいながらマイホームを完成させることができるのがセルフビルドの醍醐味です。

建築関係の何の資格も持っていない素人の自分が家を建ててもよいのかという疑問がわきますが、木造建物で建築物の延べ面積が100平方メートル以下であれば問題ありません。ただし、電気配線は電気工事士の資格が必要ですし、水道管に繋ぐ給水工事は、自治体指定の業者でないと施工できないという制約もあります。もちろん、ガスや電話線の配線も業者でないとできません。しかし、それ以外の設計から建築、内装などは自分の思うままにできるわけです。






自分の選択した保険の評判は気になります。保険商品を一から考え直すについてどのような立場の人に相談しますか。生命保険を選ぶには何の目的の生命保険かをはずさないということです。かんぽ保険の評判を気にしますか。悩ましいことです。-

生命保険や定期保険の提案書を比較するのは苦労します。生命保険の提案をしてもらうのならその相手がどのような背景を持っている人かよく知ってからでない手解けません。そのあとで保険の比較しインターネット生保も考えましょう。それがポイントです。-