一戸建て

一戸建ての種類や特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?柱と梁を組み合わせて建設する日本古来の工法で在来工法ともよばれており日本では、高温多湿の気候に対応するため、大きな窓と軒を付けることが必要であり、柱と梁という、いわば「線」によって構成する在来工法は窓を大きくとるのに適している木造軸組工法というのがあります。 またツーバイフォーというのは、2×4の英語読みを指しておりまして、これは断面が2インチ×4インチの角材を使うことを意味しており、この木材と合板による丈夫なパネルを壁や床とするものがツーバイフォー工法といいます。最近では、よく見かけるようになりましたね。

この特徴は、柱のない大空間をつくりやすいことでありますが、在来工法のような大きな窓は付けにくいことが難点となります。しかし冬の寒い季節には隙間風が入らず、気密性・断熱性が高くなるという特徴も兼ね備えてあります。 軽量鉄骨造りにおきましては、鉄骨で建物の骨組みを創り上げて、パネルを取り付けて屋根や壁・床とする工法のことを言います。そして重量鉄骨造と言われる建物より薄い鉄骨を用い、鉄骨を溶接ではなくてボルト留めするのが軽量鉄骨の特徴でもあるのです。






火災共済に自動車共済、そして生命共済。いろいろな共済の種類があります。共済が違えば保障も違います。共済はきちんと確認することが大切です。様々な共済は比較して選びましよう。-

生命保険の保険相談をしている会社もあります。適切な生命保険をアレンジするのは結構苦労することなのです。生命保険は一生でみれば保険料総額として住宅取得に次ぐ高額な負担をするもので、また家族全体の万が一を保障するためのものなので選ぶのが大変なのです。だから専門のコンサルに保険相談を頼むことが必要です。-