借り換えについて

個人の理由は様々ですが、今よりも有利な条件で住宅ローンを利用するため、他社の住宅ローンに新たに組み直すことを「住宅ローンの借り換え」と言います。この住宅ローンの借り換えについて、少し紹介したいと思います。借り換えをする場合に手数料を支払っても、住宅ローン完済時の支払い総額が少なくならなくては借り換えの意味がありませんよね。その為にも、以下の数字を目安にして、本当に借り換えをしたほうがいいのかどうかを検討してみてください。 まずは、借り換えをする住宅ローンの残高が1000万円以上ある方。そして借り換えをする際の住宅ローン金利の差が1%以上ある方。最後に返済の残りの期間が10年以上ある方。

この場合一般論でいきますと、この条件に全てあてはまる方においては、だいたいのケースで借り換えが有利になるでしょう。そして返済期間が長期になる場合であって、金利差が1%以下でも有利になるケースもあります。住宅ローンはとにかく多大な金額のもとなりますので、情報収集をしっかりとやって失敗のないきちんとしたものにしたいですね。






ずっと前に入った生命保険や死亡保険を見直すにあたって後悔しないためにはずしてはいけない視点は告知義務違反をしないかを考えることです。体調が悪かったりそんな状況での生命保険見直しで後悔しないためには告知義務も検討対象です。-

自動車保険の見積りはよく分からないことです。高くない自動車保険を選択することは手数がかかることです。保険見積りが保険ではすぐできます。保険見積りが当たり前のことです。保険では保険見積りはインターネットでやってみるのが大切なことになります。-