返済タイプを選ぶ

皆さんは住宅ローンの返済方法には、元利均等返済方式と元金均等返済方式の2つがあるのを知っていましたか?この返済方法にはメリットとデメリットがありますので、この機会に両者の違いをしっかりと把握しておきたいものですね。 まずは、元利均等返済方式を説明いたします。これは毎月の返済額が同じ金額になるように返済する方法であり、毎月の返済額が変動しませんので長期間んいおいての返済計画が立てやすいというメリットがあります。けれども支払い開始当初は、返済額のほとんどが利息の返済にあてられてしまうがために、元金がなかなか減らないのが痛いところでもあります。結果的には、元金均等返済方式よりも支払い総額が増えてしまうというところがあります。

次に元金均等返済方式を説明いたします。これは毎月一定額の元金を返済していくといった方法であり支払額には元金のほか、残高に対する利息が上乗せされ毎月一定額の元金を返済していきますので、もちろん元金の減るペースは早くなります。そうすることから元利均等返済に比べて、支払い総額が少なくなります。ですが支払い開始当初の返済額が大きくなりますので、その時期の返済負担が重くなてしまいます。






生命保険として結構使われている団体保険という種類があります。団体扱いの保険や給料天引きの保険もあります。これは勤めている会社などが保険会社と提携した場合に使えます。グループ保険ないしは団体保険と呼ばれる制度です。保険の掛け金は給与から控除され、給与明細に控除額として記載されます。格安な保険料になっているのが普通です。保険選びについてはこれらの団体保険を確認することです。-

保険がなかった時の生活イメージを考えれば保険選びに関する複雑な問題も思ったより簡単に決まるかもしれません。親の老後資金まで考えての保険などの生命保険、生命保険やガン保険、火災保険そして逓増定期保険や逓減定期保険と多くの種類目的があります。保険評判の情報で人生設計が安心なものになればいいのですが。-