住宅ローン控除

マイホームを購入しようと考えている方でしたら、住宅ローンを利用してマイホームを取得した場合に、住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)を受ける事が出来るのをご存知でしょうか?。この制度というのは、住宅ローンの年度末残高に一定の掛け率を乗じた金額を限度としまして、納付した所得税が還付されるといった制度であります。 つまり、納めた税金が計算によって求められた税控除額を上限に還付されるシステムですので、支払った税金以上にお金を受け取れるわけではありません。しかし、この控除制度は永遠に定められているわけではありませんので、政策的な都合でその都度内容が変わってきます。

これは知っていてほしいのですが、自己の居住の用に供する住宅や土地の取得及び、増改築などの目的で住宅ローンを利用したケースが対象になり賃貸住宅や別荘と言うような、セカンドハウス等を取得するためのローンは対象になりません。 この控除の住宅については、一定の要件が定められています。まず家屋の床面積が50?以上で床面積の2分の1以上の部分が専ら自己の居住用に使用するものであることです。そして中古住宅の場合におきましては、築後20年以内のもの及び地震に対する安全上必要な構造方法に関する技術的基準に適合していることが条件で住宅ローンの期間が10年以上ということであります。






ガン保険はテレビコマーシャルによく出てきます。生保会社または損保会社による商品でガンで入院したり手術した時に給付金が支払われるものです。入院することによるかなりの費用がかかります。役に立つ保険です。ガン保険についてしっかり考えてみましょう。-

相続問題の解決策についてはよく考えておけば心配するほどではありません。うまく収まるのかは相続税申告をすることを甘く考えないことです。よくいわれる相続税納税の苦労は遺産を相続するについて大変な問題です。相続対策についての問題は確り話し合うことが重要です。-